お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「CCA!」#第九話 だまし討ちから! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288440551/

唯「CCA!」#index




261 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/11/08(月) 20:26:33.28 ID:cLfSKCUo

第九話 だまし討ちから!

スウィート・ウォーターの港内に停泊している艦隊のうちの一つに、
姫子たちのムサカ3番艦も混じっている。

そのMSデッキには演説中のシャアの立体映像が投影され、
それを取り囲むように上下左右の壁面に将兵たちが整列していた。

シャア「…地球連邦政府が難民に対して行った施策はここまでで、入れ物さえ作ればよしとして、
    彼らは地球に引きこもり、我々に地球を開放することはしなかったのである。」

姫子「…」

シャア「…しかしその結果、地球連邦政府は増長し、連邦軍の内部は腐敗し、
    ティターンズのような反連邦政府運動を生み、ザビ家の残党を騙るハマーンの跳梁ともなった。」

信代「…」

シャア「…それが、アクシズを地球に落とす作戦の真の目的である。
    これによって、地球圏の戦争の源である地球に居続ける人々を粛清する。」




[ 2011/07/08 22:45 ] ガンダム | 逆襲のシャア | CM(0)

唯「CCA!」#第八話 愚行! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288440551/

唯「CCA!」#index




236 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/11/07(日) 18:02:11.70 ID:mmPQs5Uo

第八話 愚行!

ロンデニオンに入港するとすぐに、唯達は上陸許可をもらい、
艦内の私物庫でクッション材につつまれた楽器を引っ張り出していた。

唯「ロンデニオンにも貸しスタジオがあるんだね。」

澪「艦内で色々調べて、律が予約をとってくれたんだ。」

律「そうだぞ、私だってやるときはやるんだ!」エヘン

梓「ありがとうございます。 律先輩。」

紬「早く行きましょ。 予約していた時間になってしまうわ。」

艦を出ると、律が他のメンバーを見ながら羨ましそうに口を開いた。

律「しっかし、ギターやベースはいいよなあ。 そうやって持ち運びが出来るんだもんなあ。」

紬「キーボードも持ち運べます!」フン

律「いやいや、それはムギだけだから…」

5人「あはははは…」

久しぶりに、5人に笑顔が戻っていた。




[ 2011/07/08 22:43 ] ガンダム | 逆襲のシャア | CM(0)

唯「CCA!」#第七話 スウィート・ウォーター! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288440551/

唯「CCA!」#index




209 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/11/06(土) 21:01:06.13 ID:UaMk8EUo

第七話 スウィート・ウォーター!

一時間ほど前から、いちごの落ち着きがなくなってきた。
何度も何度も部屋の扉と時計を確認している。
ノックされると、すぐに扉を開けにいった。

姫子「遅くなってゴメン。 待った?」

いちご「…今起きたところ…特に待ってはいない。」

姫子は、それにしてはノックをしてからの対応が早かったな、と思ったが、口には出さなかった。
制服も、きっちりと着こなされていて、とても今まで寝ていたとは思えない。

姫子「制服かあ…それ以外の服は持ってないの?」

いちご「外に出ることなんて無かったから…。」

姫子「じゃあ最初は、服を買いに行こ!」

手をつなぐと、姫子の温もりが伝わってくる。
いちごは自分の温もりも届くように、とその手をしっかりと握り返した。

姫子「そんなに強く握らなくても、大丈夫だよ。」

いちご「…ごめんなさい//////」




[ 2011/07/08 22:42 ] ガンダム | 逆襲のシャア | CM(0)

唯「CCA!」#第六話 機械の記憶! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288440551/

唯「CCA!」#index




166 名前::2010/11/04(木) 20:07:07.27 ID:nQ0C.jMo

第六話 機械の記憶!

憂が死んでから、唯は部屋に閉じこもりがちになった。

憂は予備機のジェガンで無断出撃したのだそうだ。
今になって考えても、聡明な妹が何故そんな軽率なことをしたのか、唯には分からなかった。

分かっていることは、
もう妹に触れることも、その声を聞くことも出来ない、という厳然たる事実だけである。
そしてそれは、現実の、唯にとって最も残酷な一面であった。

唯「…」

和「ねえ唯、酷い事言うようだけど、引き篭っていても状況は変わらないわよ。」

唯「…」

和「あなたがそんなふうで憂が喜ぶと思っているの?」

唯「…」

和「…また来るわね。」

和が何度も様子を見に来ているが、唯は一言も口をきかない。
泣いているか、そうでないかくらいの違いしかないのだ。




[ 2011/07/08 22:15 ] ガンダム | 逆襲のシャア | CM(0)

唯「CCA!」#第五話 陽動! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288440551/

唯「CCA!」#index




121 名前::2010/11/03(水) 19:54:04.86 ID:BWUGZBUo

第五話 陽動!

ブリーフィングルームでは、律が艦長に文句を垂れていた。
和の前でいじめると、艦長はなんとも言えない情けない表情になる。
それが面白くて、律はこうして艦長に絡むのが日課になっていたのである。
慇懃に敬語を使い、艦長をいつもの通り追い詰める。

律「サイド2からレーザー攻撃で
  フィフス・ルナを破壊するという計画はどうなったのですか? 艦長殿?」

艦長「ネオ・ジオン派の工作員に阻止されたらしい…」フニャ

律「アテにならない計画でしたねぇ…で、敵はどこへ向かっているのですか? 艦長殿?」

艦長「スウィート・ウォーターに帰投中だと思うが、
   月に行くようにも、サイド1に行くようにも見える…」フニュ

律「つまり分からないと…?」

艦長「…それがわかれば苦労はしないさ…」ヘニャ

律「あ~あ、また後手後手かよ!」

艦長「…」シュン

耐え切れなくなった和が、律を制する。

和「律! 言い過ぎよ! サイド2のレーザーのことも、
  敵の進路がいまいち掴めないことも、別に艦長が悪いわけじゃないでしょ!」




[ 2011/07/08 22:13 ] ガンダム | 逆襲のシャア | CM(0)

唯「CCA!」#番外編 隕石のあとさき! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288440551/

唯「CCA!」#index




104 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/11/02(火) 19:48:57.59 ID:9wmiMbAo

番外編 隕石のあとさき!

チベットのラサは、無法地帯となっていた。

避難勧告こそ無かったものの、噂が人づてに伝わり、
隕石が落ちてくるという情報はかなりのところまで広がっている。

そのため多くの人々はすでにこの土地から逃げ去ったか、その途中だった。
しかし移動手段を持たない低い立場の人間や、情報弱者がまだ相当数とどまっていたのである。

さっきも、車で脱出しようとした情報弱者が悪党の餌食になったばかりだ。

悪党1「ヒャッハッハッハ 水だー!!」

悪党2「食料もたっぷり持ってやがったぜー!!」

悪党1「こーんなもんまで持ってやがった!!」ビラ

パターンから読めると思うがこんな物とは札束のことである。




[ 2011/07/08 21:24 ] ガンダム | 逆襲のシャア | CM(0)

唯「CCA!」#第四話 不快! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1288440551/

唯「CCA!」#index




94 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/11/02(火) 19:40:15.89 ID:9wmiMbAo

第四話 不快!

着艦した信代は、自分の編隊が一機足りないことに気がついて、声を張り上げていた。

信代「佐野さんがいないよ!! どうしたの!?」

それを聞いて、編隊長をやった飯田慶子が口惜しそうに報告する。

慶子「ジェガンにコックピットを貫かれてさ…どうしようもなかったんだ…」

その時、ハンガーに固定されたサイコミュ試験機のコックピットからいちごが流れだすのが見えた。

潮「あいつ、今日はやたらと動きが悪かったよ!! あたしらの掩護だからって、きっと手を抜いたんだ!!」

信代「そういうコトかい! 今日は強めにお仕置きしないとね!!」

信代がアイ・コンタクトを取ると、三人はいちごを囲むようにデッキの入り口に流れっていった。




[ 2011/07/08 21:23 ] ガンダム | 逆襲のシャア | CM(0)

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6